アクティブラーニングによる社員研修

教育研修の方法としてアクティブラーニングがよく用いられるようになってきました。アクティブラーニングとは一体どのようなものなのでしょうか。その概要と具体例を確認し、導入できる可能性を検討してみましょう。

アクティブラーニングとは?

アクティブラーニングは新しい学習観に基づく「自ら学ぶ力」を養う手法です。移り変わりの激しい時代の中にあり、既存の知識はあっという間に価値を失ってしまいます。従来の詰め込み教育は正解が先にあり、生徒…

read more

アクティブラーニングの具体例を知ろう

アクティブラーニングは能動的な学修を指す言葉で受け身ではなく、生徒たちが自ら動き学ぶといったスタイルを行います。具体的にどんな事例があるのかというと、ジグソー法と呼ばれるものがあります。こちらは特…

read more

どんなケースに向いているのか

アクティブラーニングを社員研修に取り入れると主体的な行動を促せるようになるのがメリットです。社員が受け身で仕事をしている場合が多く、もっと一人一人が自発的に考えて行動できるようになって欲しいという…

read more

eラーニングによる社員研修

多くの企業で積極的に導入されている社員研修の方法としてeラーニングは有名です。eラーニングの導入事例にはどのようなものがあるのでしょうか。研修内容によって合うか合わないかが異なるので、基本的なメリットを確認しておきましょう。

どんな研修内容に合う方法なのか

覚えさせるための研修

eラーニングを研修に取り入れるときには内容によって合うか合わないかの差が大きいことをわきまえておきましょう。ある内容を覚えさせなければならないというときにはeラーニングを使うと効果が上がります。基本的にはテキストを読んで理解してもらい、その内容をテストすることで研修が完了するのがeラーニングです。テキストに覚えてもらいたい内容を盛り込み、テストで合格点以上を取れたら研修が終わるという仕組みにすれば必死に内容を覚えてくれるでしょう。新しいルールを導入するときには特に有効な方法です。また、法制が変わって対応の仕方を変えなければならないときなどにも役に立ちます。新人教育のためにビジネスマナーを教えるときにも有効活用できるでしょう。

正誤の判断を要求するときにも効果的

eラーニングの効果測定は自由記述をさせることもありますが、選択式にして簡単に答えられるようにしている場合がほとんどです。そのため、設問の作り方によっては正誤の判断をさせることもできるでしょう。それに基づいたeラーニングを取り入れると、単純に内容を覚えるときだけでなく、知識や経験から正しい判断ができるかどうかをテストするのにも使えます。例えば、あるビジネスシーンでどういったアクションを取るべきかを判断するトレーニングを受けさせることが可能です。経営理念に基づいて考えてみるとこうあるべきだといった形で、何をすべきかを判断できるようになると、組織の構成員といて適切な行動を起こせるようになっていくでしょう。