eラーニングとは?

eラーニングの種類や活用方法について

eラーニングとはパソコンなどのネットワーク環境を利用して、企業において能力開発や必要な知識を効率的に学ぶことができるシステムのことをいいます。eラーニングの種類は、イントラネット型とアウトソーシング型の2種類があります。イントラネット型とは自社に専用のサーバーを設置して環境を構築する方法です。一方、アウトソーシング型はシステムを社外に委託運用する方法のことをいいます。使用するツールもパソコンの他にスマートフォンやタブレットなどがあります。これらのツールを利用すれば、職場以外にも自宅などで学ぶことが可能です。活用方法としては、eラーニングのみで学ぶ方法以外に、集団研修やテキストと連動して学ぶ方法があります。

eラーニングの特徴とは

eラーニングは受講者側の目線で見てみると、いつでもどこでも受講でき、自分のペースに合わせて繰り返し受講できるという特徴があります。他にも一人ひとりに合わせて必要な部分を効率的に学ぶことができるので、忙しい方にも最適です。実践や気づきの学習は難しいですが、知識習得には向いている学習方法であるといえます。提供者側から見てみると、会場や講師の手配をしなくて済むというメリットがあります。また何人でも受講できるという点も特徴の一つです。さらにeラーニングは導入以降のコストを削減することもできます。多様なコンテンツを提供でき、学習の進捗や履歴管理をリアルタイムにできる点も、メリットの一つであるといえます。